美肌と女性ホルモン

美肌と女性ホルモン

女性は生理前の黄体期にニキビが増えた、シミが濃くなっている、毛穴が目立つ、肌が油っぽい、化粧崩れしやすいという経験はありませんか?その逆に生理後の卵胞期で化粧のノリがいい、肌に透明感がある、毛穴が目立たない、むくみがないということがあるはずです。

 

これは、たまたまそうなったというわけではなく、女性ホルモンによって変化が出てきています。女性ホルモンと肌の関係というのは密接な関係ですので覚えておいてください。そしてこの、女性ホルモンと肌の関係というのは40代後半から現実的に現れてきます。そのくらいの年齢になると女性ホルモンが低下してくるのですが、それに比例して老化が進んできます。

 

もちろん肌には一番早く現れますがシワやたるみ、乾燥肌などの変化が現れます。またこの女性ホルモンによってシミが出来るということがありますが、肝斑というのがまだにそれです。生理前になると少し濃くなることが特徴で左右対称に頬や額に出来やすいです。

 

誰もが出来るわけではなく、ホルモンバランスが乱れる時期に出てくるということを覚えておきましょう。では、このホルモンによって老化を抑えることはできないのかというところになりますが、それはホルモンを外部から取り入れることで抑制することが可能です。

 

イソフラボンやザクロであったりプレラリアミリフィカ、ダマスクローズ、植物プラセンタなどが有効といわれておりますこういう風に取り入れるという方法もありますが、ストレスを溜めないということや睡眠をしっかりとるということなど、日常生活をしっかりと整えることで女性ホルモンの減少を抑えることが出来ます。